バイトをする高校生が抱える問題点

学生の本分は勉強です。
勉強をするために学校に通っているわけですから、アルバイトに夢中になって勉強がおろそかになったり、学校に通うことが困難になったりしては本末転倒です。
しかし、自分のお小遣いのため、場合によっては生活を支えるためにアルバイトが必要な高校生はたくさんいます。
実際に、高校生のアルバイトを歓迎している企業や店舗も多く、その選択肢は以前より多くなっていると言えるでしょう。
ただし、高校生のアルバイトには、色々な問題が潜んでいることも忘れてはなりません。
例えば、保護者の理解をきちんと得ることは重要です。
学校でバイトが禁止されていないなら、バイトをするかどうかは基本的には学生の自由でしょう。
しかし、それでも保護者の理解は必要です。
学業に支障を出すことがないよう、バイトも勉強も頑張る覚悟が必要です。
未成年者の場合は履歴書に保護者のサインが必要です。
きちんと同意を得て、サインをもらっておくようにしましょう。
また、仕事をする上で、服装や髪型に制約を設けているバイト先は少なくありません。
そのため、アルバイトを始めたら自由にオシャレを楽しめなくなるケースもあります。
そういった点が嫌になり、働き始めてすぐに辞めてしまう高校生バイトも多いと言います。
そういったことが続けば、その雇い先では「高校生は雇いたくない」となってしまいますので、他の高校生たちのバイト先を減らすことにつながると、きちんと理解しておきましょう。

就職・転職・求人でも話題のアルバイト。ネットならここがお勧め

LINEで送る